☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫に猫草をあたえる理由と吐く性質
2011年04月26日 (火) | 編集 |
猫に猫草をあたえる理由と吐く性質

猫は毛づくろいが大好き。
ひまなら、ひたすら手や身体を、
ペロペロ舐めまくって、顔を洗っています。

(顔を洗う姿が可愛いのですよね~)

しかしこの猫の習性でもある、毛づくろいが原因で、
毛が身体の中で絡み合い、吐いてしまうことがあります。

そこで猫にとってお役にたつ、植物が、
猫草!です。

猫草は猫の体内の絡み合った毛を
自然に吐き出す作用をうながす、
猫に与える理由のある食べ物です。

どのような仕組みで、毛玉を体外に排出するのかというと、
猫草の細長い葉が猫の胃を刺激し、
自然に毛玉を体外に吐き出すことをうながす性質をもっています。

正直、猫に吐かれたらこまる、汚いので嫌だなぁ~
と、思うのは誰でもだと思うのですが、

体内に毛の玉があると、
食道や腸につまってしまうこともあり得るので、
猫の健康上良くないことから、
猫草をあたえて吐く作用を促した方がいいでしょう。

また、猫草には猫のストレスを解消するという作用もあります。
一石二鳥でしょうか。

でも、なかには、猫草を好まない猫もいます。
そんなときは、
毛玉を体内で詰まってしまうことを防ぐキャットフードや
お尻から毛玉の排出をうながす薬などもあるので、
こちらを試してみてもいいでしょう。

猫草を餌としてあたえていいなら、植物ならなんでもいいんじゃない?
と、思うかもしれませんが、この考えは危険です。

野菜や観葉植物、お花なども餌として食べさせてはいけません。
猫のなかにはこれらを食べることにより中毒を起こす場合もあるからです。

それから、野生の植物を与えることは絶対にしないでください。
犬や鳥などの糞・尿などがついている場合があります。
猫の病気の原因になってしまいます。

猫の餌にはキャットフードか、猫草が一番良いですが、
猫により好き嫌いがあるので、
餌を与えてみて、猫の気分にあった餌を見極めて与えることが
猫にとって一番いい餌選びになるでしょう。




スポンサーサイト
 猫にとって安全な餌やり。餌として与えてはいけない食事
2011年04月25日 (月) | 編集 |
猫にとって安全な餌やり。餌として与えてはいけない食事。

わが家の猫ミュウは牛乳は飲みませんが、
チーズをペロペロなめます。
ここで、チーズを与えるなら、
猫用チーズがいいでしょう。
けれど与えすぎもダメ。尿石ができてしまいます。

それから、食べられるものではないのですが、
わが家の猫はスーパーのビニール袋をペロペロ
楽しそうに?しょっちゅうなめます。
ビニール袋って猫にとって舌触りがいいのかしら?

と、不思議に思っている飼い主です。

猫は脂分の多い餌が好きです。
なかには、人間のハンドクリームなどまで
なめてしまう猫もいるほどです。

猫の食事は、昔は猫マンマなんてありましたが、
じゃあ、猫には食事になんでもあげてもいいのかな?

と思ってしまうかもしれません。
しかし、この考えは大きな間違えです。
猫マンマなんてあげていたら、
猫の寿命はかなり短くなってしまいます。

人間の食べるものを猫に与えるのはよくないのです。

そして、
猫は塩分をとりすぎるのは内臓障害をおこす可能性があり、
よくないですし、なにより、ちょっとびっくりなのが、
死に至るといわれている食事があります。

それは、「チョコレート」「干しぶどう・レーズン」
「ネギ類」「にんにく」など。
心臓や神経に悪影響を与えてしまい、
最悪、死に至ることもあります。

少しでも与えてしまえば、
猫はその食事の味を覚えてしまうため、
何度もおねだりをしてくるようになってしまいます。

また、猫の大好きな魚類。
魚なら大丈夫でしょ。っと思っていても、
生魚を食べると歩行失調になってしまうこともあります。

猫には、人間の食べるものは極力避け、
ちゃんとキャットフードを与えるよう心がけましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。