☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫の脳のポイント
2012年04月04日 (水) | 編集 |
猫の脳は人間と似たような構造で出来ています。

猫は頭がちっちゃいといっても、しっかりとした脳をもっているのです。

特に小脳には運動・平衡感覚をつかさどる中枢があり、
人間同様、情緒や感情をあらわすことができるのです。

喜んだり悲しんだり、恐怖におののいたり快楽を感じていたり、
人間と同じ感情を持ち合わせているのです。

記憶力もあり、嫌だったことは忘れないといわれています。

また猫の精神的な病気では、抗うつ剤・精神安定剤など、
人間と同じ薬を使うようです。

猫は生まれてくるときにすでに母猫の影響をうけています。
母猫のお腹のなかにいるときなど、その時の状況が
後々まで続くといわれています。

臆病猫になったり、痴呆症などの症状もいずれ訪れることがあるのです。

人間と同じ病気になることもある猫ちゃん。
一緒に暮らしているかぎりではいつまでも見守ってあげたいですね。
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 猫のしっぽには感情表現の意味はあるの?
2012年01月16日 (月) | 編集 |
猫のしっぽは体のバランスをとるのにとても重要な役割をもっています。

飛び上がるときはしっぽを後ろ足の方にひきよせてジャンプ!
飛び降りるときはしっぽをからだから離れて後ろの方によせてジャンプします。

猫が方向転換するときは、しっぽは船のかじのような役割をします。

猫のしっぽを見ることで猫の機嫌をうかがうことができます。
しっぽで感情表現をしているのです。

犬はご機嫌だとしっぽを振り振り喜びを表しますが、
猫はというと、そう単純なものではありません。

しっぽを垂直に立てているときは、
飼い主に対して親愛や嬉しさを表現しています。

しっぽを下にたれさせているときは、
元気がなく、失望感でいっぱいのときです。

とても興奮していて、遊ぶのに夢中のときは
しっぽを弓なりに立てています。

しっぽをこれでもかと膨らませているときは
猫の感情が怒りで満ち溢れているときです。

座っているときにしっぽをバタバタさせているときは
猫が「考える人(猫?)」になっているときです。
猫もそれなりに哲学しちゃってるんですね。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 猫の目の特徴
2011年06月27日 (月) | 編集 |
「猫の目の特徴」

猫の目はまんまるです。
夜の暗いときは瞳孔が大きく広がり、
その時の顔の可愛らしさといったらたまりません(笑)

その反対に、
朝の明るいときは瞳孔が狭くなり、
縦線一本のような細い黒眼になります。

この2つが猫の目の見かけの大きな違いです。

夜の目は水晶のように光輝き、
それはとても美しいのですが、
けっして目そのものが光っているのではなく、
わずかな光をとりこんで、2倍の明るさにして、
反射する膜が光っているように私たちを錯覚させているのです。

この膜があるため、猫は人間では見ることのできない
暗闇でも物を見て生活することができるのです。

じゃあ、暗い所でも物を見ることができるのだから、
視力も人間以上にいいんじゃないの?
と、思うかもしれません。

しかしその考えとは真逆に
猫の視力は人間の1/10ぐらいしかありません。
そして、色を判断する能力も人間より劣ります。

それから、動物の目の位置は横についていたりしますが、
猫は顔の前に両目ともついているので、
物を立体的にみることはできるようです。

猫は狩りのとき、視力が弱かったり、色盲であったりするため
不自由なことはないのかしら?と疑問に思ったりもしますが、

猫は感覚が敏感です。
風の流れや草の動きなど動く物に対してとても神経がいきとどいています。

狩りをするのに獲物との距離や動きが正確につかむことができれば、
人間より劣る部分などなんの問題も無く
実行にうつすことができるのです。

猫は目に独特の特徴をもっていて夜行生活を可能にしていますが、
動きを見極める敏感さも生まれ持った特徴なのでしょう。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 猫のひげの役割
2011年06月07日 (火) | 編集 |
「猫のひげの役割」

ヒゲの数は両頬合せて50~60本程生えています。

ネコのひげの根元には感覚神経が集中してあり、
とても鋭敏で、ひげの先端に何かが少し触れる程度の微妙な振動でも、
感じ取れるしくみになっています。

ひげは口の周りだけでなく、両目の上や両側の頬、あごの合計4ヶ所にあり、
すべてのひげの先端を結ぶと顔を一周する大きな円になります。
その円の大きさを標準に、
この円より小さければ、
狭い通路でも通り抜けられるか、否かを判断しています。

そして、ひげは絶対に切ってはいけません。
もちろん抜くのはご法度。

最悪の場合、ストレスで死んでしまうこともあります。

猫にとってひげは歩くためのアンテナのようなものなので、
とても重要な役割をはたしています。

夜中猫は物にぶつからずに歩けるのも、
ひげがあるおかげのようです。

ひげを"ちょんちょん"と触ってみると、
猫は必ず嫌がります。

だってひげは感覚の集中している貴重な身体の一部なのだから・・・。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 猫の毛の生え変わり時期
2011年05月26日 (木) | 編集 |
「猫の毛の生え変わり時期」

猫の毛の生え変わり時期は春と秋です。

子猫の生後6ヶ月ごろまでは毛の生え変わりはありません。
子猫から成猫になる過程で、
大人の毛に生え替わりよく抜けるようになります。

若い成猫のころが一番毛の生え変わりは多く、
年をとるにつれて毛の生え変わりは少なくなっていきます。

猫は毛をよくなめますが、
毛をなめる行為は自分の身体をキレイにするためだけでなく、
精神的安心感を得るためにも行う行為です。
(子猫のときに母親猫になめられて気持ちよかった感覚が
 忘れられずにいる証拠でもあります。)

猫の毛は猫の身体に傷がつかないよう、
身体の保護をする役割をもっています。
気温の変化に適応するためや紫外線から身を守る性質もあります。

猫の毛をなめる行為をグルーミングといいますが、
たまに毛をなめすぎて抜け毛が激しい場合もあります。

毛のなめすぎは猫のストレスがたまったためにしてしまう猫の行為です。
日頃からおもちゃで猫と遊んであげるなど、
猫の気晴らしをさせてあげましょう。

猫の毛の生え変わり時期は、
猫がちょっと頭をひっかいたりするだけで、
毛がフワァと舞い上がります。

おかげで掃除機をかけると、
猫の毛だらけ…。

猫の毛が生え変わる時期の春と秋は
ブラッシングしてあげることを心がけましょう。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。