☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫がメタボにならないように注意しましょう!
2011年04月23日 (土) | 編集 |
猫がメタボにならないように注意しましょう!

飼い猫によって、年齢や体重などから、
それぞれ必要な餌の量は変わりますが、
猫相応の適量の餌を与えていても、

気づけばすぐにぺロリ。で、
「もっと餌ちょうだい!」と
ニャーニャーおねだりするので、
また餌をあげてみる。

それでもすぐに餌をぺロリと完食。
ちょっと食べすぎなんじゃないの?

と疑問に思ったら要チェックです!

猫のお腹が横から見て膨らんで下にたれていないか
見てみましょう。

腹部が膨らんでいたら、肥満(メタボ)の危険性があります。

肥満(メタボ)は猫にとって結構ヤバイ身体状態にあります。
最悪、脳の異常や、寄生虫の存在などの、
病気の可能性が考えられます。

ですので、猫が食べすぎにならないよう、
お腹がすいたの合図があったら、
おもちゃで猫と遊んであげたり、
追いかけっこして遊んであげたりして、
気晴らしさせてあげることも一つの対策案です。

そして、餌の種類にも気おつかいましょう。
ドライの低カロリーな餌を与えるなどして、
猫缶はまず与えることはやめましょう。
獣医さんも言うとおり、猫缶をやめただけでも効果はあるそうです。
一工夫してみましょう。

また、低カロリーの餌をカロリー計算して与えていれば、
月単位で標準体型にもどることも可能のようです。

猫の場合は、急激なダイエットをすると、
肝臓に負担がかかり、おすすめはできません。

なので与える餌の量を極端に減らすことは避け、
食事回数は一日に2回までにして、
間食はまったく無しで徹底します。

猫には空腹でかわいそうかな、
と思っても、病気になる方がもっとかわいそうなので、
食事には徹底管理を試みましょう。

関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。