☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫が魚を好きな理由
2011年04月27日 (水) | 編集 |
猫が魚を好きな理由

動物性たんぱく質を主食とする猫の身体の器官は、
肉食に適したものになっています。
よって、高タンパク質の食事が中心となります。

牛肉・豚肉・鶏肉・馬肉などが主食となります。
しかし、豚肉だけは脂肪が多くふくまれているため、
多量の摂取は避けたいものです。

ただ、肉類だけを与えていてはだめです。
魚では白身の魚が消化がよいためオススメです。
しかし、赤身や青魚は脂肪が多いので
やはりこちらも与えすぎないことが重要です。

猫は人間同様バランスのいい食事が必須です。
繊維質も必要ですので、猫が便秘がちなときは、
ホウレン草をゆでて与えてもいいでしょう。

猫は動物性たんぱく質を主食とするなら、
肉でも魚でもどっちでもいいんじゃない?
と、思うでしょう。

私たち日本人にとって、
猫は魚が好きというイメージがありますが、
実は魚も肉もどちらでも構わないのです。

では、なぜ、「猫は魚が好き」という考えが
定着したのでしょうか。

昔、宗教上、日本では肉食は禁じられていました。
そこでたんぱく質をおぎなうため、
人間は魚を肉に変わって食べていました。

人間が魚を食べていたことから、
猫の餌にも魚が与えられ、
そのことが原因となって
猫=魚好き
という方程式ができあがったのではないか、
と言われています。

「猫は魚好き」という理由は、
歴史をさかのぼること日本人の生活に沿った、
日本人の思いこみによって、
作られたものだと言っていいでしょう。


なんだかサザエさんの歌を思い出しました(笑)
関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。