☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫と遊ぶ時間はどれくらいが調度いいのでしょうか?
2011年05月02日 (月) | 編集 |
「猫と遊ぶ時間はどれくらいが調度いいのでしょうか?」

猫は遊んでもらいたいとき、
飼い主に「ニャ~ン」と鳴きながら甘えてきます。
新聞を読んでいたら新聞の上に「ゴロ~ン」と寝っ転がる。
朝方気持ちよく寝ているときに、
顔に猫のひげをムシャムシャさすってきたり…。
そんな時は猫が飼い主に遊んでもらいたい時です。

では、猫はどのくらいの時間あそんであげると満足するのでしょうか?

猫は、もともと野生です。
なので獲物を捕ることが本来の姿です。
猫の狩りの時間は短い時間で勝負がつきます。

チーターなどと同じで、
瞬発力はあるけれど、長い間走りまわる、
といったことはしないので、
動いていられる時間はそれほど長くありません。

この獲物の狩猟の習慣が猫の本性に残っているのか、
人間と遊んでもらいたい時間もそんなに長く求めてはいません。

せいぜい、15分くらいでしょうか。

猫がとっても楽しそうに、
おもちゃで遊んであげていると、
突然、プイッとそっぽを向き爪とぎを始めることがあります。

この行動は、
遊んでいたら、おもちゃを思いどうりにキャッチできなかった…、
など猫にとっての不快感を紛らわすための行動なのです。

決して遊びに飽きてしまったのではなく、
気分転換をしたいだけなのです。

爪とぎをして、リフレッシュしたら、
また飼い主のところにきて、
おもちゃで遊び始めます。

おかしな行動も、そういうことなのね。
と、理解すれば、
猫と遊ぶのも人間にとっても楽しいですよね。

猫にとって遊んでほしいと思っている時間。
それは、
一度に長い時間遊んであげるより、
一日に数回にわけて、短い時間遊んであげることが、
猫にとって一番うれしい遊ぶ時間のスタイルなのです。

猫も遊んで楽しいだろうし、
飼い主も心がいやされて、
とってもハッピーな時間ですよね☆
関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。