☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫と目を合わせるのはいけないこと??猫のしかり方にも工夫を!!
2011年05月11日 (水) | 編集 |
「猫と目を合わせるのはいけないこと??猫のしかり方にも工夫を!!」

ペットの猫の顔がとっても可愛いので、
私はいつも、じーー、っと、猫と見つめあってしまいます。

しかし、この猫と目を合わせるといった行為は
飼い主はしてはいけないものなのです。

なぜかというと、
そもそも野生の猫は、
他の猫と遭遇したとき、
「こいつ強いのかな?」と探りを入れたり、
「自分の方が強いぞ!」と相手の猫を威嚇したりして、
相手の猫に対し挑発をするなどの習性があります。

つまり、見つめ合いは、猫と猫とのケンカの前兆なのです。

ですから、飼い主が猫の目をじーと見ることは、
猫にとっては、ケンカを売られている、と感じてしまい、
飼い主との信頼関係がくずれてしまいます。

どんなに可愛いペットの猫でも
顔を近づけて見つめあうことは
できるだけ、避けた方がいいでしょう。

また、猫がお部屋を散らかしてしまったときなど、
「こら!ダメでしょ!」と目を合わせてしかっても、
猫はしかられている、という感情は全くありません。

しかる時に猫の目を見て説教してしまいますが、
猫はすぐそっぽを向いてしまいます。

猫は見つめ合うのは本来苦手なのです。

ですので、猫がいたずらをしたら、
「ダメ!」と言いながら、おしりをペンペン叩くなどして、
こういう行動をとると、おしりをたたかれるんだ、
と、認識させることが重要です。

「ダメ!」と言う。
と同時におしりを叩く、の、
この一連の動作をつづけることで、
猫もだんだんと理解していって、
いたずらをしなくなるのです。

関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。