☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫の外出。猫もたまにはお外の空気に触れたいと思ってます。
2011年05月25日 (水) | 編集 |
「猫の外出。猫もたまにはお外の空気に触れたいと思ってます。」

猫は外の世界に一度でも出ると、
また外出したいと思ってしまいます。
猫の散歩は猫のご機嫌とりにも最適です。

しかしなにもしないでいきなり外出!は無理です。危険です。
まずはリード(引き網)に慣れさせることが必要です。

初めは首輪から慣らさせます。
ある程度月日がたってからは、
リードをただつけたままの状態で
日常に慣らさせます。(このときはリードはつなげません)

とうとう外出可能と判断できるようになったら、
外出するときにはリードをつけたままの状態を維持し、
「リードをつけるときは外出するときなのだな」と、
猫に理解させます。

リードをつけていざ外出!
と思っても、外出するコースは安全な場所にしましょう。

車の多い道は避け、公園や小路、早朝の道路など
危険のない安全な道を外出する際の散歩コースにしましょう。

猫は基本的に憶病者で神経質な動物ですので、
細心の注意を心がけましょう。

たまに見かけますよね。
野良猫が車道でひかれて死んでしまっているのを…

かわいそうでなりません。

猫の外出は危険がすぐそばにあると自覚して
散歩へでかけましょう。
関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。