☆MUEのおすすめする猫グッズ☆
猫ちゃんベッド アーチ型木製スタンドのハンモック 【楽天ランキング1位入賞】ピアノを弾いてる可愛い黒猫バッグ ビックトート 超イケテル系!シルバーアクセなちょこえり猫首輪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 猫は小鳥を狩る習性がある。狩りは猫の本能だから。
2011年06月25日 (土) | 編集 |
「猫は小鳥を狩る習性がある。狩りは猫の本能だから」

とにかく猫は動くものが大好きで、
猫の目の前でひもなどを
「ぶーら、ぶーら」揺らすと、
夢中になってひもを捕まえようとじゃれて遊んでしまいます。

この習性は、猫がもともと野性だったころの
獲物を狩るというところからきています。

猫は子猫のときから小動物を捕えようと追いかけます。
その小動物が食べられるかどうかは、
生後1ヶ月ほどで母猫が子猫におしえます。

庭の木にスズメなどの小鳥がやってくると、
野良猫は目をつけ、ものかげに潜んで、
2mから5mまで近くに忍び寄ります。
そして充分に接近したところで、
とびかかり、小鳥を捕まえてしまいます。

金魚鉢の中の金魚を失敬してしまうなど、
猫独特の野性の本能が現在の飼い猫にも残っていると考えられます。

しかし、ネズミが大好物のはずの猫ですが、
現在の飼い猫はネズミを狩るどころか
ネズミを恐れてしまうといった面もあるようです。

時代の変化ですかね。


生まれながらの猫の生活の習慣に、こんなことがあります。
母猫は死んだ獲物をとらえてきて、
子猫の前で食べて見せて、
「これは食べ物だよ」と教えてあげます。

そして今度は母猫は生きた獲物をとらえてきて、
子猫に獲物を殺させます。

猫は狩りの仕方を母猫から教わり、
身につけていくものなのです。


猫は獲物をとらえると、
飼い主に見せるため、持ち帰ってくることがあります。

そのときは「うわぁ。えぐいなぁ(泣;)」
とショックをうけてしまいそうですが、
猫は飼い主に褒めてもらいたくて
獲物を捕まえてきた所を見せに来たので、
ここは猫を褒めてあげましょう。

そして猫のいなくなった瞬間に、
そっと始末してしまいましょう。

猫の狩りは本能で行っているので、
飼い主も猫の狩猟生活には柔軟に応えてあげて、
猫の機嫌をそこねないよう、注意したいものです。
関連記事
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。